医療事務資格 種類 一覧ガイド


【医療事務の資格を取りたいけど、一体どんなものがあるのだろう?取りやすい資格って何?】
 

いざ、医療事務の資格取得を考えた時に、資格の数が多すぎて悩んでしまいますよね?
インターネット等で医療事務の資格情報を収集していても、目につくものはほんの一握りだったりします。 

◆ どの資格を取ったらいいの?
医療事務として仕事を始めるにあたり、オススメする資格は
『各種通信講座やスクールを修了すると取れる資格』です。
とても有名な資格なので、就職するにあたっても有利となります。

【どの資格を取ったらいいか分からない・どんな講座があるのか、一目で知りたい!】
そんな時は、一括資料請求が出来る「シカトル」が便利です!
オススメ
医療の資格をとるならシカトル

シカトルでは国内の主要な医療事務講座の資料が一括請求できる非常に便利なサイトです! 

〈各大手スクール・通信講座で対応している医療事務資格の種類〉
資格名 受講方法 対応講座・スクール名
医療事務管理士技能認定試験 通信講座 ユーキャン
ユーキャンの医療事務講座
医療事務技能審査試験(メディカルクラーク) 通信講座通学講座DVDコース ニチイ学館
まなびネットの医療事務講座
医科2級医療事務実務能力認定試験 通学講座 ヒューマンアカデミー
ヒューマンアカデミーの医療事務講座

まずは『無料資料請求』をして、
医療事務資格の内容や将来性、資料請求をする事でしか手に入れることが出来ない貴重な情報
を入手しましょう! 


 
医療事務関連の資格は当サイトで紹介するもので【36種類】もあります!

 

 
を一挙に紹介しています。 

いわば【医療事務の資格辞典】とも言えます。 

医療事務の仕事を目指している上で、考えなくてはならない事が「資格」です。 

あなたはもしかしたら、「医療事務の仕事は資格がなくても出来る」
そう聞いた事があるかもしれません。 

そうは言っても、就職や転職をする場合、
経験がなければ資格があるに越したことはありません。

未経験者OKの求人でも、資格を持っていれば採用率もグンと上がります。 

働きながら資格を取るのももちろんいいことですが、あらかじめ資格を持っていれば、応募する際の選択肢も広がってきます。 

今、日本では医療事務の国家資格はありません。医療事務資格全て民間で設定されている資格です。
国で設定されている資格ではないのに、何故資格を取っておいたほうが有利なのか。 

それは、資格試験までの過程で、レセプト作成や会計業務などの具体的な流れを勉強することができるからです。 

全く知識のないところからスタートするより、「資格を取る過程で勉強をしてきましたよ」というアピールにもなるので、資格を取得するのは未経験者には特に良いことなのです。 

もちろん、資格を取っていたからといって、実際の業務ですぐにばりばりやれるわけではなく、慣れるまでにはそれなりの時間も必要です。しかし、それはどんな仕事にも言えることです。 

今や医療事務は資格を取るのが当たり前、という風潮になってきています。 


今、医療事務といえば
女性が就きたい職業でよく名前が挙がるほど人気の職業
ですね。 

ハローワークの職業訓練の項目にも医療事務が名を連ねるようになり、医療事務の職業訓練は倍率が3倍から4倍にもなるほどです。 

何故そこまで医療事務が人気の職業になっているのか?
理由は複数あります。 

第一の理由は、医療事務の職場は女性が多数活躍している職場であるということです。

女性が多い職場であると言う事は、自分と同じ立場の方が活躍しているという安心でのびのびと働くことができ、
やるべき仕事に集中できるようになります。 

女性が多い職場だからというのは第一にして最大の理由かもしれません。 

第二の理由は、就職先として安定していること。

医療事務が働く職場は病院なので日本の高齢化が進んでいることもあり、
ある程度安定した集客が見込める
ことから安心できる就職先と言えます。 

決して高給とは言えない職業ですが支払い元の経済状況が安定していることから収入が不安定になることもなく、収入も安定しています。 

稀に見る不況と言われてる現在の状況では、いつリストラされるかわからない一般企業で働くより、
いつの時代も必要とされる、病院などの各医療機関で働くのは安心感があるものです。 

第三の理由は、勤務体系が主婦向きということです。

現在の日本では『子育てをしながら社会で働く』というのはなかなか難しい状態です。 

一般企業では残業が当たり前休日出勤も珍しくないことで、一般企業に就職すると、小さい子供がいる家庭での子育てと仕事の両立は、かなり厳しいものとなってきます。 

小さな子供は手がかかるため、残業や休日出勤をしなければならない状況だと、子供のことに手が回らなくなり、子育てが立ち行かなくなってしまうからという理由があります。 

しかし、子供が生まれると、子供の養育費や学費保険などの費用がかさむため経済状況が厳しくなり、子供が小さくて子育てが大変でも働きに出ないと家計が苦しい、というのも現状です。 

ですから、子供が小さいうちは定時で仕事が終わり、休日はしっかり休めるそんな職場が求められています。 

医療事務の仕事時間は病院の営業時間と同じなので比較的残業も少なく、休みはきちんと取れます。 

また、パートやアルバイトであれば、週1日から働けるという、時間を自由に選べる職業なので、手のあいているときだけ働けるという条件のいい環境なのです。 

子供が小さいうちは、どうしても育児に手をかけたいですが、それでも、子育てをしながらでも、収入を少しでも得ることができればありがたいと考える人にとっては、医療事務は希望する条件にかなり近い職業といえます。
 

子供ができても働きたい女性にとっては、医療事務という仕事はまさに最適と言えるのです。 

人気の理由をざっくりと分けて紹介してみましたが、主にこういった理由で医療事務が今注目を集めているのです。 

働きたい女性が増えている現状で、需要と供給が合致している職業、それが医療事務なのです。
  

サブコンテンツ

このページの先頭へ