医療事務資格をスクールで取る

医療事務を取る方法として、通信教育と並んでメジャーなのが、このスクール通いでの資格取得です。

医療事務専門学校は全国各地に多数存在します。

一番メジャーなスクールは「ニチイ医療事務講座」だと思います。テレビでもたくさんCMしてますもんね。

また、全国にある「ヒューマンアカデミー」の医療・福祉コースですと、10種類以上の医療事務を取得出来るというカリキュラムがあります。

スクールでかかる費用は、
通学制の場合は入学金と受講料をあわせて大体12万円から15万円程度
です。

やっぱりスクールは少々高い印象がありますが、その分講師からもしっかりとした授業が受けられるのと、様々な資格に応じたテキストや問題集などが使える、というのは大変な魅力です。

スクールと通信講座の大きな違いは、講師の生の講義を受けられるかどうかだと思います。

テキスト類は通信教育も豊富なので、テキスト類を比べて「どちらがいい」とはいえません。

スクールは専門学校などの教育機関。
学校ということは、当然講義があるということです。
通信教育よりスクールの費用のほうが割高なのは、講師の給与も払わないといけない分、少し高めの設定になっているのかもしれません。

講師の講義が聞ける、それはスクールならではの財産です。

通信教育では、テキストを自分で読み解かなければいけません。そこで、そのテキストの内容があまりに難しすぎると、勉強が続かない可能性が出てきます。
そこでスクールの利点が出てきます。

講師がテキストを元にテキストをわかりやすく講義してくれる。そして、講師の言葉を聞いて重要なところをノートに取る。

そう、学生と全く同じ作業をします。
専門の講師がテキストの解説をしてくれるので、少なくとも「テキストがわからないから離脱」ということがなくなるわけです。
あとはひたすら問題集と格闘するだけなのでそのあたりは通信講座とあまり変わりはありません。

スクールに通いたい場合、まずお住まいの地域の近くに医療事務資格取得のためのスクールがあるかを調べましょう。

医療事務専門学校と銘を打っていなくても、前述の「ヒューマンアカデミー」のような資格取得スクールの中に医療事務コースがあるかもしれません。

それらの学校の違いなのですが、医療事務専門学校と書いてある学校は、もちろん専門学校ですので卒業までに2年はかかります。

「ヒューマンアカデミー」のような色々な資格取得のためのスクールですと、通学制の講座に通い、資格が取れたら終了です。

同じスクール通いでも、こういった違いが出てきます。

先に述べたかかる費用は通学制の講座に通うための費用なので、「思っていたより安い!」と思われたのではないでしょうか?

医療事務専門学校は、専門学校なのでかかる費用は当然この比ではありません。普通の専門学校と同額程度の費用がかかります。
近くに医療専門学校もしくは通学制の講座があるかを調べたら、どちらに通うか、の選択をまずしなければなりません。

時間がかかってもいい、きっちり医療事務の勉強がしたい、という方には医療専門学校が向いていると思いますし、とにかく資格を取りたい!と思う方は通学制の講座でも充分だと思います。

どちらに通うか決まったら、通信教育と同じように資料請求とネットでの情報収集です。

スクールは通信教講座よりもお金がかかります。
ですので、より一層情報収集には気をつけないといけません。

また、スクールでも無料資料請求は行っていますし、学校見学などを開いているところでは、実際に見学してみるといいでしょう。
校風が合えば、楽しく勉強できるはずです。

なかなか合う校風と言っても難しいかもしれませんが、ここだ!と思ったところには全力で飛び込んでみてください。

きっといい勉強ができ、楽しく資格を取得できることと思います。何事も楽しんで行うのが一番です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ