医療事務とは? 医療事務の資格とは?

一概に医療事務の仕事内容と言っても、本当に様々な仕事があります。

一般の人が持つ医療事務の仕事のイメージを想像してみましょう。
 

窓口で受付をし、会計のときに名前を呼んで会計をする。そんなイメージなのではないでしょうか。

その仕事だけだと医療事務って楽そうですよね。
けれど、楽して稼げる仕事なんて世の中には存在しません。医療事務の仕事もまた同じことです。

医療事務がする仕事は、大きな病院か小さな病院か、そういった病院の規模によってまちまちですが、皆さんが思っている以上に
こなさなければいけない業務
がたくさんあります。

受付でニコニコしていればそれでいい、そんな簡単な仕事ではないのです。

 
 

事務でもあり、サービス業でもある仕事

 
医療事務は事務でありながら、サービス業の面も兼ね備えているという少し変わった、特殊と言ってもいい職業です。

 
患者さんに対しては接客という形になりますし、データ入力、具体的には、診療情報明細書、一般的な言葉ではレセプト作成などでは事務のような仕事をこなします。

 
接客は今では「接遇」という言葉を使って表現されることが多いですね。

 
慣れると比較的簡単な仕事かもしれませんが、就業場所が病院を始めとする各医療機関という特性もあり、少し厄介な患者さんがいることも確か。

 
そういった厄介な患者さんを相手にしていくことは、結構な精神力が必要となります。

 
患者さんなので怒るわけにもいかないですし、何度説明をしても納得してくれない患者さんには何度も説明をしなければなりません。
精神的負担がかかる仕事でもある職業、それが医療事務という職業です。

 
医療事務になりたい、と思う方に、この項目を読んで少しでも業務の実態を知っていただければ、と思います。

ドクターからの要求に応えながら雑務もこなし、メインのレセプト作成業務もこなしていかなければならなりません。
医療事務って結構ハードな仕事なのです。
こなす業務はたくさんありますし、それを時間内に終わらせてしまわなければならないのです。

 
慣れていない人にとっては非常に難しい業務となりますし、ある程度慣れてきた人でも、業務をこなすためにはかなり集中して臨まないといけないという大変な仕事です。

 
医療事務の仕事に慣れるまでは、体力的にも肉体的にもかなりしんどい仕事です。それを理解せずに医療事務の仕事を志すのは、少し安易ではないかなと思います。

たとえば、ほかの企業を受けるときに、その企業の仕事内容を理解せずに受けることがありますか?
それはまずない、と言えるでしょう。

しかし、医療事務に関しては仕事に対する知識も理解も持たず志す人が多いように思います。

 
その状態でたとえば採用されたとしても、思い描いていた医療事務の仕事内容と実際にやらなければいけない業務のあまりの差に、仕事が続かない可能性もあります。

医療事務の人気の原因の一つとしては、「なんとなく簡単そう」という理由もあると思いますが、全然簡単な仕事ではありません。
様々な知識と、優秀な処理能力を備えていなければなりたたない仕事です。

 
職場環境に恵まれればいいですが、職場環境に恵まれなければ、かなりつらい仕事だと思われます。

医療事務を目指そうと思っている人で、「医療事務は簡単仕事だ」と思っている人は、このサイトを読んでいる人の中にはいらっしゃらないと思いますが、医療事務を決して甘い仕事だと思わないでくださいね。

 
本当にハードな仕事です。
業務の内容によっては自分の処理能力に仕事量が追いつかず、大変な苦労をする場合も多数ありますが反対に患者さんから感謝の言葉を言われたり、医師のサポートを通して非常にやりがいのある仕事ですし、資格取得や経験をつむ事で、スキルアップをしてキャリアアップをする事が可能な仕事です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ