医療秘書情報実務能力検定試験

医療秘書情報実務能力検定試験

『資格概要』
診療報酬請求事務(レセプト)業務や、医療用語、医学・薬学の基礎知識といった一般的な医療事務の仕事に必要な知識、能力に加え、医療機関における接遇マナー、秘書業務、管理能力といった医療秘書としての知識、能力を計る試験であり、医局秘書やドクター専属秘書、病棟クラーク業務など総合的に審査します。

『受験資格』
不問(1級受験は2級合格が必要となりますが、併願は可能です)

『試験分類』
医科

『試験科目』
学科試験内容
・医療秘書実務
(医療機関における接遇マナー、秘書業務、管理能力の知識)
・医療機関の組織
・運営
・医療関連法規
・医療保険制度
(医療法、療養担当規則、医療保険制度、公費負担医療制度について)
・医学の知識
(医療用語、医学・薬学の知識)
・医療事務
(診療報酬の知識)
(20単位)
実技試験内容
カルテからレセプト作成
(2級:外来カルテ:2枚、入院カルテ:1枚、1級:入院カルテのみ:2枚)
(2単位)

『試験日程』
3月、7月、12月
(年3回)

『受験料』
2級:7,500円
1級:8,500円

『認定証書発行手数料』
2,000円

『試験会場』
在宅受験

『合格発表』
医療秘書情報実務能力検定試験終了後約1ヶ月後に発表。合格者には医療秘書情報実務能力検定試験合格認定証を発行

『合格条件』
実施回ごとの受験者偏差値55以上、8割以上正答で合格

『合格率』
2級:およそ60%、1級:およそ40%

『主催団体』
NPO法人 医療福祉情報実務能力協会<略称:MEDIN(メッドイン)>

『問い合わせ先』
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-2-17
TEL:0948-83-5588 FAX:0948-42-5802
HP:http://www.medin.gr.jp/

医療秘書情報実務能力検定試験は、医療機関における秘書的業務の実務能力のレベルを計るだけでなく、医療秘書としての能力、医療機関での高い患者サービスを保持していること、円滑なクラーク業務など、メディカルセクレタリースペシャリストであることをレベルに応じて認定する試験です。

医療秘書とは、医療機関の運営を円滑にするために必要な人材です。医療秘書が優秀であればあるほど、医療機関はスムーズに業務が進みます。

先にも記しましたが、医療秘書の仕事は多岐に渡ります。

医療事務のような業務も医療秘書の業務ですし、秘書ですので医師の様々なサポートを行う役目です。

特に医師が研究や学会発表で忙しいときには医療秘書はなくてはならない存在となります。

しかし医療秘書のスペシャリストといえる人材はまだ少なく、医療秘書の職業自体があまり知られていないせいもあり、なり手がなかなかいないのが現状です。

ですので、資格試験で医療秘書の養成を行い、医療のスペシャリストを輩出するのが理想的とされています。
医療秘書情報実務能力検定試験は、1級と2級の2階級に分けられており、レベルに応じて1級と2級にわかれます。

資格概要を見てもわかるとおり、クラーク業務などを円滑に行うことも医療秘書の大事な仕事です。

医師や看護師が自分の職務に専念できるように、医療事務は精神を隅々にまで行き届かせて、雑用などの業務を行います。

医療事務の仕事内容の項目で紹介した、カルテ管理とカルテ出しもクラーク業務となります。

そのクラーク業務を円滑に行えるか、もこの検定試験では問われることになります。
学科試験は1級、2級共に出題項目は同じですが、問題の難易度がもちろん異なります。

1級は2級合格者を対象としているだけに、2級よりかなり難易度の高い問題が出題されると推測されます。
試験は年3回と、決して受験のチャンスが多いとはいえません。

1度で合格してしまわないと、次に受験するときには試験へのモチベーションを上げるだけで大変な労力を伴います。

前の試験をすぐに次の試験に活かすことができないため、直前の試験を解いていたとしてもその鮮度が下がってしまいます。

受験失敗はデメリットしかありませんので、1度で合格できるように頑張りましょう。

在宅試験のみの開催であることから、会場へ出向く必要がないのも良いですし、自宅での受験ということでリラックスしながら受験ができるのもいいところです。

1級、2級共に、合格率を見ても、決して簡単な試験であるとはいえません。


2級でも受験者の4割程度が不合格
になってしまう試験です。

医療秘書は、医療事務と比べて通信教育などの講座も少なく、なかなか学びにくいという現状があります。

それでも医療秘書は今非常に必要とされているスタッフです。

特に医師が忙しいとスケジュール管理などが大変になってくるため、医療秘書のニーズは高まっています。

医療秘書情報実務能力検定試験に合格すれば、今ニーズが高まっている医療秘書への道が開かれますから、医療事務を目指す人にも是非受験してもらいたい検定試験だと思います。

“医療秘書情報実務能力検定試験” への1件のフィードバック

  1. […] ・診療報酬請求事務能力認定試験 ・医療事務管理士技能認定試験 ・ホスピタルコンシェルジュ検定試験 ・電子カルテオペレーション実務能力認定試験 ・医療事務OA実務能力認定試験 ・医療事務実務能力認定試験 ・医療秘書実務能力認定試験 ・医療秘書技能検定試験 ・医事コンピュータ技能検定試験 ・医療情報実務能力検定試験 ・医療秘書情報実務能力検定試験 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ