調剤情報実務能力認定試験

調剤情報実務能力認定試験調剤情報実務能力認定試験

『資格概要』
調剤報酬請求や薬局経営の健全化、また、薬事法の規制緩和により薬剤師の補佐役や一般薬の薬剤情報提供まで行える高度な人材を養成、資格認定することを目的として実施。

『受験資格』
不問

『試験分類』
調剤

『試験科目』
学科試験内容
・薬学の知識
(医薬品の定義・分類、用量、相互作用、投与方法、剤形、医薬品の保存)
・医療保険制度
(保険調剤のしくみ(医療分業、薬局、薬剤師の申請と許可)、医療保険制度(医療保険の種類、給与率、負担率、保険調剤の費用、老人保険法、公費負担医療))
・点数算定
(保険調剤の実務(処方せんのの知識、薬剤の記載方法、mgの算出方法)
・点数表の構成
(算定の原則、調剤技術料、基本料と加算、指導料、薬剤料)、指導料(薬剤服用暦、薬剤情報提供、長期投与、在宅)、療養担当規制(調剤暦の記載、診療の具体方針)]
接遇マナー
(受付業務(患者対応、窓口業務)、チーム医療)
(20単位)
実技試験内容
・処方箋などからレセプト作成
一般(1単位)、老人(1単位)、小児(1単位)、在宅(1単位)、特定疾患(1単位)

『試験日程』
3月、7月、12月
(年3回)

『受験料』
7,500円

『認定証書発行手数料』
2,000円

『試験場所』
在宅受験

『合格発表』
調剤情報実務能力認定試験終了後約1ヶ月後に発表。合格者には調剤情報実務能力認定証を発行

『合格条件』
実施回ごとの受験者偏差値55以上、8割以上正答で合格

『合格率』
およそ65%

『主催団体』
NPO法人 医療福祉情報実務能力協会<略称:MEDIN(メッドイン)>

『問い合わせ先』
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-2-17
TEL:0948-83-5588 FAX:0948-42-5802
HP:http://www.medin.gr.jp/

調剤情報実務能力認定試験は、旧:調剤情報実務能力検定試験2級に該当する認定試験です。

調剤情報担当者の資格に対して、調剤情報担当者より下の階級の認定試験と位置づけることができます。

調剤情報担当者の認定試験を受験するためには、この、調剤情報実務能力認定試験に合格している必要があるため、この試験は調剤情報担当者の資格取得を目指す人にとっては、避けては通れない試験となっています。

資格概要に記されている「薬事法の規制緩和」は、薬剤師や、薬局に勤務する人々へ衝撃を与えました。

薬事法の規制緩和により、コンビニエンスストアなどでも薬剤を販売することが可能となったからです。

当然、コンビニエンスストアでは薬剤の情報をしっかりと持っている薬剤情報担当の人員は雇いません。

よって、コンビニエンスストアで薬剤を購入する消費者は全く薬剤の説明を受けずに購入することになります。

主に市販されている薬剤を取り扱うため、説明書は同封されていますが文字が小さくて読みにくい、また、どこが大事な情報なのかわからないという理由で、説明書を読まずに薬剤を使用する人が増えることになります。

それは非常に危険なことだ、と薬剤を取り扱うスペシャリストなら誰しもが思います。

そういう背景があるため、一般に市販されている薬剤の情報もしっかりと持っている、調剤情報関係の資格の重要さが見直されるきっかけとなりました。

薬剤師の補佐役としての業務はもちろんのこと、一般に市販されている薬剤の情報を正しく、そして広く伝える人材が必要だという風潮になってきたわけです。

ですので、薬事法の規制緩和によって、調剤情報関係の認定試験である、調剤情報実務能力認定試験も注目を集める認定試験となりました。

試験分類は調剤ですが、医科医療事務の資格を持つ人や、歯科医療事務の資格を持つ人も受けておいて損はない認定試験となっています。
試験は、年間を通して全部でたった3回、具体的な月は、3月、7月、12月にしか実施されていません。

開催の回数が多いともいえませんので、調剤情報実務能力認定試験を受験する際は、しっかりとした傾向と対策に基づいた受験勉強を行った上で臨むのがいいかと思います。

というより、しっかりと勉強し、準備を万端にしておかないと受験に失敗してしまうのです。

資格を取るのが遅れると、その分様々なことが不利に働きます。

1度目での取得を目指したいところです。

試験は在宅試験のみとなっているため、指定の試験会場を調べることなく自宅で試験を受けられるのは、指定の受験会場が遠方であることが多かった地域の人にとっては、嬉しい仕組みであるといえます。

受験料は7,500円ですが、在宅受験の場合は受験料が高くなるという傾向があるため、少し高めの受験料となっています。
合格率を見てみると、およそ65%とそれほど高くはありません。むしろ、やや難しいと言っていいのではないかと思います。

しかし、元々が2級の認定試験の資格試験に該当する試験だと思えば、妥当な合格率だということができます。

“調剤情報実務能力認定試験” への1件のフィードバック

  1. […] 調剤情報実務能力認定試験 医療情報実務能力検定試験 医療秘書情報実務能力検定試験 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ