電子カルテオペレーション実務能力認定試験

電子カルテオペレーション実務能力認定試験

『受験資格』
不問

『試験科目』
学科試験内容
・電子カルテを含む医療IT化に関する基礎知識:10問
実技試験内容
・教育用電子カルテソフト「C&C電子カルテシステムⅡ」を使用した診療録(カルテ)の作成:2問
(外来1問、入院1問)

『試験時間』
90分
(学科試験30分、実技試験60分)

『持ち込み』
電卓のみ可

『試験日程』
6月、11月、3月
(年3回)

『受験料』
一般受験:7,500円
団体受験:7,000円

『試験会場』
北海道  札幌市  アスティ45ビル12階 011-222-7424
宮城県  仙台市  アエルビル14階 022-262-5656
新潟県  新潟市  NEXT21 11階 025-227-5601
栃木県  宇都宮市 明治安田生命宇都宮大通ビル5階 028-610-5505
千葉県  千葉市  千葉新町ビル5階 043-248-6905
埼玉県  さいたま市 ソニックシティビル24階 048-647-6251
東京都  新宿区  新宿野村ビル7階 03-3342-4500
     豊島区  池袋三和東洋ビル6階 03-3982-7481
     中央区  銀座三和ビル8階 03-3561-0055
     立川市  ふどうやビル8階 042-540-1836
神奈川県 横浜市  横浜東洋ビル3階 045-313-1670
     厚木市  プロミティあつぎ2階 046-296-1212
     川崎市  ラチッタデッラビバーチェ4階 044-230-1373
長野県  長野市  ウエストプラザ長野ビル5階 026-227-2765
静岡県  静岡市  太陽生命ビル5階 054-252-1002
     浜松市  フォルテ3階 053-451-2500
     沼津市  横濱屋ビル7階 055-964-5900
愛知県  名古屋市 大名古屋ビルヂング8階 052-561-2388
石川県  金沢市  ラブロ片町5階 076-235-2984
京都府  京都市  京都フクトクビルディング3階 075-253-2831
奈良県  奈良市  サンワシティ2階 074-233-8000
大阪府  北区   ハービスPLAZA5階 06-4797-4450
     中央区  athuman御堂筋ビル9階 06-6282-6222
     阿倍野区 あべのルシアス9階 06-6645-1661
滋賀県  草津市  エルティ932 4階 077-566-6521
和歌山県 和歌山市 オオタ第2ビル 073-476-2371
兵庫県  神戸市  三宮センタープラザ東館5階 078-333-0211
     姫路市  市バスターミナルビル6階 079-226-8580
岡山県  岡山市  NTTクレド岡山ビル15階 086-225-9115
広島県  広島市  広島日生みどりビル1階 082-212-4551
     福山市  エストパルクB1階 084-927-5224
愛媛県  松山市  松山MCビル2階 089-934-6788
香川県  高松市  COM高松2階 087-811-2050
徳島県  徳島市  徳島駅前濱口ビル7階 088-657-7990
福岡県  福岡市  アクロス福岡4階 092-721-9661
     北九州市 小倉ターミナルビルアミュプラザ8階 093-511-8977
大分県  大分市  大交セントラルビル7階 097-540-5251
熊本県  熊本市  通町ビル7階 096-356-2551
鹿児島県 鹿児島市 太陽生命鹿児島第2ビル1階 099-225-8848
長崎県  長崎市  江戸町センタービル1階 095-811-2230
沖縄県  那覇市  琉球新報泉崎ビル6階 098-864-0189

『合格発表』
試験終了後およそ40日後に書面にて通知。

『合格率』
おおむね60%~80%

『主催団体』
内閣総理大臣認証法人職業技能評価機構 全国医療福祉教育協会

『問い合わせ先』
〒:160-0023 東京都西新宿6-6-2新宿国際ビルディング5階
TEL:03-3345-4190/FAX:03-3342-3291
HP:http://www.e-kentei.jp/medical/

電子カルテオペレーション実務能力認定試験は、電子カルテの取り扱いや作成などの実務的なオペレーション能力がどれだけ備わっているかを試す試験です。

電子カルテオペレーション実務能力認定試験は、教育用電子カルテソフトであり、文部科学省でのカリキュラムに沿ったソフトウェアの「C&C電子カルテシステムⅡ」を使用します。

実技試験が重要視されているという点では、同じく全国医療福祉教育協会が実施している、「医療事務OA実務能力認定試験」と似かよっている資格試験であるといえます。

政府が「IT基本戦略」というものを打ち立てているため、医療機関でもIT化が進んでいます。

しかしながら、高齢の医師が経営する個人病院では、電子カルテの存在はあるものの、医師は紙のカルテに診察内容を書くことも多いのが現状です。

ですので、医療事務の電子カルテのオペレーションスキルは今後ますます必要となってきます。


資格を取得する際にはその資格の将来性も見据えての取得を考える
必要があります。

そういった点では、電子カルテオペレーション実務能力認定試験は非常に将来性の高い試験といえるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ