介護事務管理士技能認定試験

介護事務管理士技能認定試験

『資格概要』
介護サービスを提供する事業所や施設で必要とされる、介護保険制度の仕組みを理解し、正確に介護報酬を算定し、請求できる知識・技能を認定する試験です。

『受験資格』
不問

『試験科目』
学科試験内容
・法規
(介護保険制度、介護報酬の請求についての知識)
・介護請求事務
(介護給付費単位数の算定、介護給付費明細書の作成、介護用語についての知識)
(筆記・択一式。全10問)
実技試験内容
・介護給付費明細書の作成:4枚
(介護給付費明細書を作成するために必要な知識)

『試験日程』
1月、3月、5月、7月、9月、11月の第4土曜日
(年6回)

『受験料』
5,000円

『試験会場』
日本医療事務センターの指定会場、受験申請のあった専門学校、各種学校など

『合格発表』
試験実施後1ヵ月以内に文書にて通知。合格者には「介護事務管理士」の称号を付与、および介護事務管理士認定合格証を交付

『合格条件』
実技試験70%以上、かつ、学科試験70点以上で合格

『合格率』
およそ65%

『主催団体』
株式会社技能認定振興協会(JSMA)

『問い合わせ先』
〒101-0024東京都千代田区神田和泉町1-12-17久保田ビル3F
TEL:03-3864-3559/FAX:03-3864-5112
HP:http://www.ginou.co.jp/default.asp

2000年4月1日より、介護に関係するサービスを受けるときも保険が降りる制度である、「介護保険制度」が施行されました。

それに伴い、介護保険専門の事務である「介護事務」という職業ができました。

介護事務制度の施行を受け、2001年1月より実施されている介護事務のための資格試験が、介護事務管理士技能認定試験となります。
介護事務のことを少しご紹介します。

介護事務の主な仕事は、介護サービス料を保険会社に請求するための、医療事務でいうところのレセプト作成である介護給付費明細書の作成を行う「介護報酬請求事務」です。

そのほかにも、介護サービスを利用する人への介護保険サービスの説明や、介護保険制度を実施している各市町村と、利用者を橋渡しする仕事や、保険関連会社との連絡業務も介護事務の仕事となります。

それでは、内容を詳しく見てみましょう。

介護事務管理士技能認定試験は、受験資格は設けられていませんので、介護事務を目指す人なら誰でも受験することができます。
試験項目には学科試験と実技試験がありますが、学科試験や実技試験の内容を見ていると、試験自体は医療事務の資格試験とあまり変わりのない内容となっていることがわかります。

試験が年6回実施されるところも、1度で合格するのが難しいと思う人には嬉しいことかもしれません。直近の過去問を解くことは貴重な財産にもなります。

この試験の合格率は、65%程度と、高くもなく低すぎもしない合格率となっています。

まだ比較的新しい資格試験なので、この資格試験に対する勉強方法がしっかりと確立していないことや、介護保険制度に関する知識がまだ充分に浸透していないことが、合格率に影響を与えていると思われます。

今後、各教育機関や通信教育の講座などで、この資格試験の傾向と対策がしっかりと取られるようになると、合格率も少しアップする可能性があります。

この介護事務という仕事はどういう人に向いているかというと、介護や福祉の仕事に興味があるけれど、ヘルパーなどの資格を今から取るのは少し難しい、と考えるOLさんや、今現在ヘルパーの仕事をしており、将来的にケアマネージャーへとステップアップを図りたい人で、スキルアップを目指す人に向いている仕事となります。

また、介護の現場で働いていたけれど、体力的に現場で働くことが難しくなり、それでも介護の仕事に携わりたいという人も、事務として関わることができるという利点があります。

介護保険制度の施行により、介護の現場では、介護事務の需要が高まる一方なのですが、需要に対して、介護事務の仕事をきちんとこなせる技能者が依然として不足しているという現状があるため、今から何か就職に有利な資格を取得したいと考える人には、この「介護事務管理士」の資格は、取得するのに最適な資格といえます。

日本の高齢化がこれからますます進んでいくことは、国がおこなっている統計でも明らかになっていることです。

高齢化が進むと、今以上に介護にまつわる職業の需要が出てきます。

介護や福祉の仕事は、仕事内容の割に給料が安すぎるという問題点があり、介護に関する職業はまだあまり人気がある職業とは言えません。

しかし、将来的な日本の就職状況や雇用側の需要を考えると「手に職」ということを考えると、介護の現場は安定して仕事に就ける職業であるということもできます。

賃金の改正などが行われ、より働きやすい現場になれば、介護に関する職業の人気はもっと高まってくると思います。

“介護事務管理士技能認定試験” への2件のフィードバック

  1. […] 調剤事務管理士技能認定試験 介護事務管理士技能認定試験 ホスピタルコンシェルジュ検定試験 […]

  2. […] ・介護事務管理士技能認定試験 ・介護請求事務実務能力認定試験 ・福祉事務管理技能検定試験 ・介護情報実務能力認定試験 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ