ケアクラーク技能認定試験

ケアクラーク技能認定試験

『資格概要』
介護事務業務に従事する者の有する知識および技能の程度を評価、認定し、職業能力の向上とその社会的経済的地位の向上に資することを目的として実施。

『受験資格』
教育機関等が行う教育訓練のうち、技能認定委員会がケアクラーク技能認定規程により認める「ケアクラーク技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者、もしくは、介護事務職として6ヵ月以上の実務経験を有する者

『試験科目』
学科試験内容
・介護事務一般知識
1)人間関係(コミュニケーション)
2)老人・障害者の心理
3)社会福祉
4)老人福祉
5)地域福祉
6)社会福祉援助技術
7)介護概論
8)介護術技術・障害形態別介護技術
9)リハビリテーション
10)医学一般
11)介護保険制度
12)介護事務業務
(択一式)
実技試験内容
1)介護給付費請求事務
2)介護給付費明細作成
(記述式)

『試験日程』
2月、4月、6月、8月、10月、12月
(年6回)

『試験申込』
受験申込書の受付→試験日の2ヶ月前~2週間前。
受験申込書と受験手数料は日本医療教育財団に持参、もしくは郵送。

『受験料』
6,000円

『試験会場』
各都道府県にある公共施設など

『合格発表』
合否は試験日から約1ヵ月後に郵送により通知。合格者にはケアクラーク認定証を試験結果通知から約1ヵ月後に郵送。

『合格条件』
学科試験および実技試験の各々の得点率が70%以上で合格。

『合格率』
平均70%

『主催団体』
財団法人日本医療教育財団

『問い合わせ先』
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-10
TEL:03-3294-6624(代)/FAX:03-3294-1787
HP:http://www.jme.or.jp/index.html

ケアクラーク技能認定試験は、介護保険制度に基づく事務処理を行う、介護事務のための認定資格試験です。

この試験が開始された経緯は、介護職というものが重要視されてきた現代社会で、介護保険制度下で不可欠となる介護事務職の育成と養成を促すために、この資格試験を開催している日本医療教育財団で、介護事務に関する教育訓練ガイドラインをあらかじめ設定しておき、介護事務に関する知識と技能のレベルを評価、認定するという経緯で試験が作られました。

それでは、詳しく内容を見ていきましょう。

受験資格が細かく設定されているため、
自分に受験資格があるかどうかはきちんとチェックしましょう。

試験は、学科と実技で試験が行われます。学科試験ではテキストや資料などの持ち込み可です。
この試験に合格すると「ケアクラーク」に認定されます。

「ケアクラーク」として認定されるということは、介護報酬請求事務業務はもちろんのこと、コミュニケーションや社会福祉や介護技術などの介護事務職として求められる知識と技能を備えていると認定されたのと同じことになります。

実際「ケアクラーク」が主にどんな仕事をするのかというと、ケアマネージャーと呼ばれる介護サービスのプランや企画を立てたりする人の補佐や、業者と業者との間での取次ぎ役、派遣するホームヘルパーのシフト管理なども行います。

事務の仕事としては、介護給付費を国や自治体に請求するなどといった業務も行います。
この「ケアクラーク」に認定されるメリットは、とにかく就職の幅が広がる、ということです。

高齢化が進む日本では老人介護施設などが次々にできています。「ケアクラーク」はそういった施設などでも当然必要とされる人材なので、就職先の選択肢を広げるのに役立ちます。将来性のある資格です。

この試験は、学科と実技がそれぞれ正答率70%を超えれば合格・認定、という流れになります。

70%というのは決して低い数値ではありませんので、真っ当に、真面目に勉強していれば、合格する確率の高い試験といえます。
今後、ますます必要とされてくる「ケアクラーク」という人材。

この試験も、受験者がどんどん増えていくかもしれません。

受験者が増えると全体の合格率は下がり、難関に見えてしまうかもしれませんが、とにかく自分がしっかりと勉強してきたという自信があれば乗り越えられる試験です。
手に職をつける、という意味でも、「ケアクラーク」という認定は悪いものではありません。

介護の現場はどこも人手が足りません。そんな中で介護の現場にスタッフが増えるということは大変喜ばしいことであるといえます。
医療事務ももっぱら人手が足りないですが、介護は医療事務の比ではありません。

介護の現場に人が増えれば、より細やかな対応が期待できるようになります。そうなってくると介護職の状態がよくなってきます。

介護の現場に飛び込もうとする人がもっと増えたら、状況は好転に向かうかもしれません。

“ケアクラーク技能認定試験” への1件のフィードバック

  1. […] ケアクラーク技能認定試験 診療情報管理技能認定試験 医事オペレータ技能認定試験 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ